広島ゴルフ倶楽部の歩み 広島ゴルフ倶楽部の歩み

倉本 昌弘

広島県広島市三篠町 (現・西区三篠町) 出身のプロゴルファー。
日本大学卒業。2014年2月24日から日本プロゴルフ協会会長。

JGTO(ジャパンゴルフツアー機構)
選手会長 1992~1999
監事 2010
選手会長 2012
副会長 2012
(公社)日本プロゴルフ協会
会長 2014~
(一社)広島ゴルフ倶楽部
理事 2010~

来歴

1965年
10歳の時にゴルフを始める
69年
14歳で広島ゴルフ倶楽部 鈴が峰コースのメンバーになる
70年
中学3年にしてクラブチャンピオンに輝く
72年
クラブチャンピオン、キャプテン杯、理事長杯に優勝(‘73も三大競技を二年連続で優勝を飾る)
73年
日本ジュニア選手権優勝(高校生日本一)、鈴が峰のハンディも0となる
74年
日本学生ゴルフ選手権、関東学生、朝日杯全日本学生に優勝
75年
日本アマチュアゴルフ選手権 優勝、日本学生、朝日杯全日本学生を連覇
76年
日本学生3連覇
77年
日本アマ優勝、日本学生4連覇(前人未到の4連覇達成)
78年
関東アマ優勝
80年
日本アマ優勝(3度目)、中四国オープン総合優勝(アマチュアとして初のツアー優勝を飾る)
81年
プロデビュー戦の和歌山オープンで優勝。その後兵庫県オープン、日本国土計画サマーズ、中国オープン、全日空オープン、東海クラシックで優勝(ルーキーイヤーに6勝を挙げ、賞金ランキングも2位となる)
82年
日本プロ初優勝、中国オープン優勝、そして海外でも全英オープンで4位タイとなり日本人最高順位を記録
83年
中国オープン、東海クラシックで優勝
84年
ブリヂストントーナメント、中四国オープンで優勝
85年
ジーン・サラゼンジュンクラシック優勝、ブリヂストントーナメント連覇
86年
全日空オープン、東海クラシックで優勝
87年
マルマンオープン、中四国オープンで優勝
88年
仙台放送クラシック、よみうりサッポロビールオープン、関西プロ、KBCオーガスタ、中四国オープンで優勝
90年
瀬戸内海オープン優勝
91年
アコムPT優勝
92年
日本プロ2度目の優勝、ブリヂストンオープン(通算25勝目となり、日本男子プロゴルフ史上5人目の永久シード選手となる)、大京オープン優勝
94年
クラシック仙台優勝
95年
サントリーオープン優勝
2003年
アコムインターナショナル優勝(当時、世界タイ記録となる59をマークする)
07年
ビックライザックシニアオープン 優勝(シニア初優勝)
10年
日本シニアオープン優勝、HANDA CUPシニアマスターズ優勝(この年日本シニアツアー賞金王に輝く)
12年
ヴァンランススコットシニアオープン優勝(海外シニアツアー初優勝)
14年
日本シニアオープン優勝(この年、日本プロゴルフ協会会長として史上初の日本シニアツアー賞金王となる)

インタビュー

Q.ゴルフを始められたのはいつ位ですか?

昭和40年、ちょうど10歳の頃で五日市にあった練習場に通い始めました。

Q.広島ゴルフ倶楽部鈴が峰コースのメンバーになられたのは?

昭和44年(1964)当時14歳の時で、その頃はコースに練習場が無かったので、その分コース内で存分に練習させていただき、その練習がのちに強くなった一因ではないかと思っています。

Q.そのコースでの練習内容は?

休日は前日からクラブハウスに泊まり込んで、夜中にボールを打ち、翌朝にボールを拾いに行くという練習をよくしていました。

暗闇の中で打ったボールは上達するにつれ、同じ場所に集まるようになりましたし、トリッキーなホールで思い切りボールを打っていましたから、どこのゴルフ場に行っても狭いとは感じず、臆することなくプレー出来ましたね。

Q.その練習の成果は?

中学三年でクラブチャンピオンに輝き、高校生になってからは2年連続でクラブチャンピオン、キャプテン杯、理事長杯に優勝し、高3の時、霞ヶ関CCで開催された日本ジュニア選手権にも優勝することができました。

鈴が峰のハンディも0になりましたね。

Q.そしてその後、あの前人未到の大記録を達成されたと!

日本大学に入学後、日本学生選手権を4連覇しました。4連覇すれば今後、破られることは無いですし(笑)、最後の年は気合が入りました。

その間にも大学2年生の時、茨城県のセントラルGCでの日本アマチュア選手権に初優勝。その後、日本アマは‘77‘80と3度優勝することができましたし、中四国オープンでもアマチュアとして当時初のツアー優勝をすることも出来ました。

その後のご活躍は周知の通りで、81年プロデビュー戦の和歌山オープンでいきなりの優勝。
その快進撃は止まらず、ルーキーイヤーで6勝をマーク。賞金ランキングもいきなりの2位となり、一大旋風を巻き起こしました。

翌年には日本プロゴルフ選手権初優勝、その活躍は日本に留まらず全英オープンでは日本人最高成績の4位タイに入り、世界に一躍“MASSY KURAMOTO”の名が響き渡り、その後も順調に勝ち星を重ね、‘92には日本プロ2度目の優勝、同年ブリヂストンオープンでは通算25勝目となり、日本男子プロゴルフ史上5人目の永久シード選手になられました。
2003年のアコムインターナショナルでは当時世界タイ記録の59ストロークをマークし、通算30勝目を快挙で飾られました。

シニアになってもその実力は衰えず、2010年には鳴尾GCで開催された日本シニアオープンに優勝。その年には日本シニアツアーの賞金王にも輝き、‘12には海外シニアヴァンランススコットシニアオープンに優勝と輝かしい成績を残されています。

Q.倉本プロにとって広島ゴルフ倶楽部鈴が峰コースとは?

先程も言いましたが、この鈴が峰での練習が非常に役立っていたと思います。

朝の練習もそうですが、夏場には深いラフにボールを沈め、更にそれを抑え打つ練習もしていました。
少々の傾斜地でも全く苦手意識はありません。そんな自分が求めている練習や不利な状況を敢えて作り、それこそ納得いくまで練習させていただいたこのゴルフ場には本当に感謝していますし、このコースは古い歴史以上にプレイヤーの実力を引き出してくれるコースだと思います。私も含め、二人以上の日本アマチャンピオン(倉本昌弘、倉本泰信)を輩出していますし、アジア大会での金メダリスト(小島礼志)も誕生しています。そう考えるとかなり貴重なコースだと思っていますね。

Q.コースが選手を育てるのだと・・?

一般的には良いコースから良い選手が生まれると言われていますから、この鈴が峰は見た目以上にいいコースだということなんです。

また、もう一つ稀な例があるんですが、研修生が居て、そこで育ってプロになったというのはいっぱいあるのですが、でも鈴が峰で育ったプロはみんな例外なくメンバーなんですよ。これが本当に珍しいですよね。

Q.是非、一度ここでプレーしてもらいたいですね

もちろんです!

ゴルフ本来のあるがままでのプレーや傾斜、風、景色など様々な刺激を受けてプレーして貰いたいですね。

Q.最後に倉本プロから鈴が峰での楽しみ方をご伝授いただけますか?

はい、私は子供の頃からここでお世話になって来ましたが、それはメンバーの方々やコースの方々が他人の子供だという目線ではなく、自分の身内のように接して下さったから、ゴルフが好きになり、ゴルフが続けられてきたのだろうと思っております。

よい選手が育つには、周りにそれだけよいメンバーが沢山いるからこそとも言えると思います。競技志向の方は、三大競技にチャレンジされて、私の名前が刻まれているボードに名前を刻むことに目標をおかれる事も良いでしょうし、プレーを楽しみたい方には、瀬戸内海の島々(安芸の宮島等)を見渡せるコースでのプレーは最高の癒しになり、プレー後の夕日に沈んでいく景色もこれも楽しみの一つです。
是非、一度鈴が峰にチャレンジしていただき、また将来、ここでのメンバーライフもお楽しみください。

Q.長い時間、お疲れ様でした。本日はお忙しい中、ありがとうございました。

はい、お疲れ様でした。ありがとうございました。

倉本 昌弘〜栄光の軌跡〜

  • 栄光の軌跡
  • コースガイド
  • 天気予報